おうち英語アカデミー
おうち英語は親から子供へのプレゼント

プロフィール

ゆうママ
ゆうママ
はじめまして。おうち英語アカデミーのブログにお越しくださいましてどうもありがとうございます。

2014年生まれの娘と夫の3人家族です。カナダの大学でTESOLのDiplomaを取得してから、20年間英会話教師をしています。

現在は音読協会バイリンガル絵本インストラクター英語絵本講師多読コーチとして、おうち英語を広める活動も積極的に行なっています

 

出身→東京生まれの東京育ち(下町です)

○小中高→都内の公立校

○専門学校・大学→カナダ

○就職→英会話スクール

○結婚・出産→夫の仕事で茨城県

○現在は、独立して英語教師 プラス

・音読協会バイリンガル絵本インストラクター

・英語絵本講師

・多読コーチ

○TOIEC 930

家族の自己紹介

 

めんこちゃん
めんこちゃん
こんにちは。2014年生まれのめんこです。特技は、スイミング、スキー、バイオリンにそろばんだよ。今は、OxfordのTime Chroniclesのペーパーブックを読んでいるよ。

 

パパ
パパ
こんにちは。学生時代は登山部で鍛えていました!アウトドアが大好きで、週末はめんこちゃんと登山、スキー、旅行と活動的に動いているよ。めんこちゃんが生まれる前までは、定期的にフルマラソンと、駅伝に参加していましたが、最近はすっかりご無沙汰。従兄弟はアメリカ人なんだけど、パパは英会話が苦手で、すでにめんこちゃんの会話力に及ばないんだ

 

ゆうママ
ゆうママ
こんにちは。旅行、温泉、アウトドアが大好きなママです。気がつけば20年も英会話教師をしています。娘と2歳からおうち英語をしていて、バイリンガルに成長していく様子を楽しみに生活しています。普段はイライラのガミガミママです。めんこちゃんが、優しいパパに懐いているのを見て、嫉妬しています。

 

実は、ママはバツイチ(涙)

カナダ人夫のモラハラで7年間の結婚生活に終止符。

もう二度と結婚しないと思ってシングルライフを楽しんでいましたが、趣味のアウトドアを通じてパパと出会い、再婚しました!

めんこちゃんは、高齢出産の両親から生まれた奇跡的な天使なんです。

英語と私

私が英語とであたったのは、小学校5年生の頃。

母が連れて行ってくれたアメリカ人ネイティブ先生の英会話スクールでした。

全く良くわからない環境に、物静かにレッスンを受けていた気がします。

が!中学校に入って、英語の成績がずっとトップに!

自信をつけた私は高校生でも英語はトップの座を守りました。

でも、数学と理科は全く出来なくて、英語と社会が得意な典型的な文系少女でした。

英語ができると言う高い自己肯定感を持ちながら留学したカナダ。

しかし、そこで待ち受けていたのは劣等感でした。

カナダ留学時代

地理と旅行が大好きだった事から、漠然と旅行関係の仕事につきたいと考えていて、まずはIATA(国際航空運送協会)のDiploma国際資格を取ろうと専門学校へ入学。

ゆうママ
ゆうママ
航空券にIATAと書いてあるのを見た事がありませんか

そこで、IATA Diplomaを取得して、カナダの外資系ホテルでインターンとして働いていました。

でも、、文法的な事は得意でも、聞く、話すが全然出来なくて、本当に沈みました。

当たり前ですけど、会話をしているときに、相手は待ってくれませんからね!

自分の英語力が井の中の蛙だと思い知らされた当時。

そんな時、職場でカナダ人の元旦那との出会いが(笑)

聞くも、話すも、読むも、書くも、急激に伸びていったのはいうまでもありません。

その頃、初心に戻って簡単な絵本から読む多読や、簡単な子供向けDVDをたくさん見て、自分の英語力も1からやり直すつもりで楽しんでいました。

転機が訪れたのは、日本に帰りたいなというホームシックから。

カナダ人元旦那は、『いいよ』と言ってくれたのもあり、自分の英語力は日本では最強だったけれど、カナダでは通用しなかったことを思い出し、日本の英語教育が間違ってると痛感。

カナダ人クラスメートしかいなかった大学へTESOL(英語教授法)のDiploma資格を取るために思い切って編入したのです。

無事、TESOL(英語教授法)のDiplomaも取得し、日本で英語教師として本物のの英語力を子供達に付けさせたい!と意気揚々帰国しました。

 

英会話教室で働き始めたけれど・・

日本に帰国してからは、J Shine(小学校英語教師)の資格も取得して、無事に大手英会話スクールの教室を任せれて働き始めました。

しかし、、

違う!違う!私が思っている英語教育とは違う!

こんなやり方じゃ、一生かかっても本当の英語力はつかない!

このままでは、子供たちの英語能力は伸ばせない。

結局、私が学生の時とたいして変わらない日本の英語教育。

パターンにのっとって話すことだけが得意になる子供たち。

自分の気持ちは英語で言えなくても、パターンに当てはめて英語をペラペラ話してる子供たちを見て喜ぶお母さん。

マニュアル通りに、年齢に合わせたテキストを使って、講師としては楽でした。

子供たちは、とても可愛くて、幼少から高校生までの成長をずっと見続けていける、第二のママのような気持ちで仕事へのやりがいはある反面、心の底では葛藤の続きます。

7年結婚生活を続けていたカナダ人旦那とも離婚し、現在の夫と出会い再婚するまで、そんな事も当たり前の日常になりつつありました。

娘の誕生から

40歳になる年、高齢のわたしたちの元に、神様からのプレゼントが届きました。

当時は、初めての育児に半分うつ状態になりながら、娘の英語教育には全く関心がなく、毎日育児書との睨めっこ。

でも娘には、2歳までに毎日10冊以上の絵本を読み聞かせ、発語も9ヶ月で非常に早かったです。

2歳目前にして、だんたんと知育に関して興味が湧く頃、ふと英語教育の事が頭によぎったのです。

自分のような日本の英語教育にどっぷり浸かる前に、本物の英語力を娘にプレゼントしたい!

英会話教室ではなくて、母国語方式の英語力。

やるからには、気持ちを大きく持って、年齢相応のバイリンガルにする!

ママから娘へ、未来の英語と言うプレゼントを送ろう!

そこから私と娘の『おうち英語』がスタートしたのです!

 

娘のおうち英語

娘には

世界中どこに行っても大丈夫な本物の英語力

をモットーにおうち英語に取り組んできました。

でも大切にしてきたのは、英語力と同じくらい高い日本語力

英語だけに目を向けるのでなく、大切にしてきたのは、日本語力とのバランスの良い良質な語学力。

娘は現在7歳。英語はORT(Oxford Reding Tree)の先、Time Chroniclesを楽しんでいます。英語のDVDや動画もネイティブと同年代のものを楽しんでみています。

英検は準2級に合格していますが、今まで5級から英検そのものの勉強はした事がありません。

パス単も、問題集も、参考書も買った事も使った事もありません。

英検前に、過去問を3回分ダウンロードしてやらせることと、パルキッズの英検オンラインのみが、勉強と言えば勉強でしょうか。

おうち英語を行うにあたって大切にしたのは

  • 絵本から得られる豊かな知識や文化
  • 生活の一部に当たり前にある英語環境
  • 英検で測らない本物の英語力
  • サマースクールやオンライン英会話でのアウトプットの楽しさ

です。

特に大切にしてきたのは、たくさんの英語絵本に触れること。

英語絵本での疑似体験をたくさん経験させてあげること。

英語絵本の中には、アメリカやイギリスの文化漂うものがたくさん溢れていました。

いつか知識と知識が繋がる時を待って、頭の中にたくさんの種まきをすることを大切にしました。

娘が使った英語教材

ワールドワイドキッズ

ディズニー英語(中古)

CTP絵本

ORT(Oxford Reading Dictionary)

Children’s Picture Dictionary

などなど定番の教材から、他にもおすすめのお教材がたくさんあります。

ブログでおうち英語の発信へ

おうち英語が流行っているみたいだけど、ブログで発信している人は成功している人だけ。

きっと、失敗してる人のが多いはず。

日々の生活をしていく中で、英語以外に頑張らなくちゃいけない事もたくさんあって、

最初は頑張っていたけど、いつの間にかやらなくなってしまった。

やってみたいけど、どう言うふうに始めたらいいのかな。

高額教材は必要なの?

英語が話せないママでもパパでも大丈夫なの?

そんな風に思っている方も多いはず。

ゆうママ
ゆうママ
安心してください。そんなあなたのお役に立ちたいと思ってブログを立ち上げました。私も娘には英語で話しかけてないから、苦手なママパパでも大丈夫!
おうち英語の疑問に答えます

おうち英語の始め方

英語環境の作り方

幼少期からの取り組み方と学童期からの取り組みの違い

英語力も国語力も同時に伸ばす方法

効果的な英語絵本の取り組み方

英語絵本の素晴らしさとは

最後にメッセージ

日々忙しく動き回るパパとママたち。

どうしても時間の確保が難しい。

一人で英語育児に挫けそう。

頑張ろうと思っても気持ちが揺らいでしまう。

そんな時もたくさんあります。

私も同じワーキングマザーとして、小学校に入学した娘が格段に忙しくなり、時間確保が大変な事も増えました。

このブログを読むことで、毎日少しでも工夫していける情報、パパとママのおうち英語への心構えなど、皆さんの心の拠り所になれるように発信して行きたいです。

おうち英語が、いつかキラキラ輝く未来の子供への素敵なプレゼントになりますように、皆さんとも色々共有していけたらとても嬉しいです。

ゆうママ
ゆうママ
一緒にバイリンガル育児を頑張る皆さんを応援します!